イメージづくり

どんな家に住みたいのか、どうして家が欲しいのか、まずはそのイメージづくりから始めます。家づくりを検討するというのは、何か理由があるのではありませんか?「子どもが大きくなって手狭だから」、「仕事終わりに家事をするには使いづらい間取りだから」こんな不便さもあれば、「小さい頃からの夢だから」というのもあるかもしれません。では小さな頃に夢見た家はどんな家でしたか?それを書き出していきましょう。

イメージを形にする

土地の形、大きさ、方角による制約

家造りをするときはまず建てるための土地を用意しなければいけません。都市部以外の分譲地なら正方形や長方形のきれいな形の土地があり、比較的安く建てられるシンプルな形の家を建ててもいいでしょう。ただ都市…

家族内でのイメージのすり合わせ

マイホームの中でも最高峰と言えるのが、注文住宅によるマイホームでしょう。この方法で家を建てることによって最高レベルの家が完成します。注文と言う形で家を建てる場合は、まず建築士の人と相談していき図面…

予算による制約

これから家を建てる、あるいは将来的に家を建てるつもりがある方なら誰でも、理想とする家のイメージを持っていると思います。閑静な住宅地に建つ広い庭と大きな駐車場のある最新の設備の整った豪邸であったり、…

>

意外と快適?二世帯住宅